ようこそ川柳人協会へ
 
 アメリカの川柳
  アメリカ川柳の歴史
  川柳に見る日系移民百年史
  アメリカ川柳界の現況
協会マーク
海 外 の 川 柳 事 情 川柳人協会会員  江 崎 紫 峰

【アルゼンチンの川柳】

アルゼンチンについては現地関係者、参考図書、研究者が思うように見つからない。
唯一連絡の取れたのが1962年に渡亜し現在番傘本社同人の小川千年氏である。入手した参考図書・資料も

①世界川柳誌上大会発表誌『まんはったん 1963』(萬発端川柳吟社)コピー、

②『川柳 番傘』への投稿原稿コピー、

③2015年7月にアルゼンチン文芸界を訪問した細川周平国際日本文化研究センター教授から頂いたお手紙のみである。

このような状況下であるが、わかる範囲でアルゼンチンの川柳事情を概説する。

 

(1)アルゼンチン川柳の歴史

①日亜時事が1942年に江原武智人(番傘本社同人)を選者にして日亜柳壇を開設。

②1945年3月にアルゼンチンが対日宣戦を行い、日本語新聞その他一切が発行禁止となり、川柳も発表の場を失う。

③戦後1948年に柳壇が復活。当時の既成作家としては杉田晩之介や小西瑞恵等がいて、当時の川柳人口は約50人であった。

④(まもなくして)江原武智人は川柳ブエノスを創設。

⑤その後、杉田晩之介の空瓶会や、藤井青米の松かさ川柳会ができ、川柳も盛んになり全亜川柳大会を開催した。

⑥1962年の萬発端川柳吟社主催の「世界川柳誌上大会」に川柳ブエノスと松かさ会から11人が参加し、原田内々が総合第4位に入る。(この時期空瓶会は休会中)
[参加者]
沢田満平、倉田文太、伏見夢女、伏見流星、原田内々、佐藤秀代、
田中太郎、藤井青米、佐藤残香、永見昭三、小山三郎

⑦1994年には川柳吟社は川柳ブエノスと空瓶会の二つに。

⑧2000年過ぎには300回以上例会を続けて来た川柳ブエノスも一世の減少に伴い自然消滅した。

⑨2014年にはネウケン州(チリに接する州)の小さな川柳コマウエのみに。元番傘誌友の松井美稚子さんらが活動している。

 

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.