ようこそ川柳人協会へ
 
 アメリカの川柳
  アメリカ川柳の歴史
  川柳に見る日系移民百年史
  アメリカ川柳界の現況
協会マーク
海 外 の 川 柳 事 情 川柳人協会会員  江 崎 紫 峰

【ブラジルの川柳】

(1)ブラジル川柳の歴史

ブラジル川柳の歴史については、国際日本文化研究センター教授の細川周平氏による『日系ブラジル移民文学 Ⅰ』(みすず書房)に詳しい。筆者は著者の了解を得てその内容を年表化したが、ここではその年表から簡単に紹介する。

ブラジルへの日本人の移民は1906年に始まり、ブラジルにおける川柳は1928年に雑誌『農業とブラジル』に川柳欄ができたことに始まる。そして、1929年におぼろ吟社を設立した堀田栄光花がブラジルの川柳界をリードした。1934年以降おぼろ吟社以外に曙やユーカリなどの吟社ができたが、太平洋戦争の時は日本語の出版が全面禁止となり川柳も空白期を迎える。

戦後はまず柳壇が復活した。

[日伯毎日柳壇 栄光花選]

  吹く風の意思にそむかず上るたこ  抜天女
  生花やよりそう小花で引き立って  葉瑠江
  金のある人です若い妻を持ち    多魔香
  想像の道とはちがう新家庭     梅香

そして、1949年にはぶらじる川柳協会が設立され、翌年にぶらじる川柳社(のち日川協に加盟)を開設しブラジル各地の支部吟社を束ねた。当時の主な吟社は新生、おぼろ、開拓、青空、さかえ、そばづえ、若草らで1951年にはサンパウロで第1回全伯川柳大会が開催された(その後中断期はあったものの毎年開催されている)。参加者は20人で互選・同人選とも1位は次の句であった。

  宿命に疲れゆがんだままの靴    宿屋丙坊

1960年代に入るとアメリカや日本との繋がりを強めた。1962年にはアメリカの萬発端川柳吟社主催の世界川柳誌上大会にブラジルから50人が参加し、安藤魔門が総合で第4位に入る。また、1966年の全伯大会は国際大会となり、日本からも高木夢二郎、時実新子、大嶋涛明、大森風来子らが参加した。

1970年代に入ると女性柳人が台頭し、こなれた口語で背伸びせずに身の回りを詠む句風が現れた。柿嶋さだ子(二世)、藤倉澄湖、那須アリス(二世)、なかでも世評を得たのは飯塚朝子である。朝子は1991年と1993年にNHK大会で最優秀賞を得た。

  ささやかに暮らし土鈴ふところに(1991年)
  にぎやかな子育てだったフライパン(1993年)

これはブラジル柳人が日本で得た最高位の賞である。
2006年には移民百周年記念大会が開催されて42人が参加した。また2008年には『移民百周年記念句集』が発刊され、11支部吟社112人が参加した。なお、この句集には全日本川柳協会会長が祝辞を寄せている。

 

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.