ようこそ川柳人協会へ
 
 アメリカの川柳
  アメリカ川柳の歴史
  川柳に見る日系移民百年史
  アメリカ川柳界の現況
協会マーク
海 外 の 川 柳 事 情 川柳人協会会員  江 崎 紫 峰

【台湾の川柳】  

(1)台湾川柳の歴史

1927年に台湾日日新聞の文芸欄に川柳が登場。1940年には塚越迷亭が台湾川柳社を設立し『川柳 國性爺』を創刊。会員は約30人。

[『川柳 國性爺』に発表した頼天河の作品]

  同期でも活字が違う職員録

  悪友の酒を新婚うまく逃げ

  転職の心得ありに教えられ

日本統治時代(1895年~1945年)に日本語教育を受けた世代は、蒋介石の戒厳令下(1949年~1987年)にまず台北歌壇(1967年)と台北俳句会(1970年)を設立した。そして、仲川たけし全日本川柳協会会長(当時)の働きかけにより、1994年に台北俳句会会員のうち川柳に素養があったメンバー7人で台北川柳会を立ち上げた。
初代会長 頼天河(1994年7月~)
二代目  李琢玉(1998年3月~)
三代目  頼柏絃(2005年7月~)
四代目  杜青春(2010年7月~現在に至る)

台北川柳会開設後の日本との交流記録は次の通りである。

①1994年10月に仲川たけし会長、1995年に今川乱魚東葛川柳会会長(当時)が台湾を訪問

②第百回記念句会(2002年11月)には、日本から佐知川川柳教室、陶八雲川柳会、たましま川柳会、川柳銀の笛吟社のメンバーが参加。台湾川柳会に名称変更

③2005年3月には東葛川柳会と台北市のホテルで合同句会を開催

④2008年6月には頼会長が全日本川柳協会の福岡大会に出席

⑤「今川乱魚さんを偲ぶ会」(2010年10月)に頼名誉会長と杜代表が出席

⑥以後現在まで、杜代表は日本各地の川柳会を歴訪

⑦2006年には今川乱魚編『李琢玉川柳句集 酔牛』(新葉館出版)を出版

⑧創立20周年記念句会を台北市の国王飯店で開催(2014年3月)。日本からは大野風柳全日本川柳協会理事長以下35人が出席。江畑哲男・台湾川柳会編『日台交流川柳句集 近くて近い台湾と日本』(新葉館出版)を記念出版

参考図書

  上記『酔牛』『近くて近い台湾と日本』
  下岡友加県立広島大学准教授の論文「台湾川柳会の歴史的意義」
  杜青春「台湾川柳会の今昔」(番傘「リレー放論」より)他資料

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.