ようこそ川柳人協会へ
 
 アメリカの川柳
  アメリカ川柳の歴史
  川柳に見る日系移民百年史
  アメリカ川柳界の現況
協会マーク
海 外 の 川 柳 事 情 川柳人協会会員  江 崎 紫 峰

【アメリカの川柳】

(1)アメリカ川柳の歴史

アメリカへの日本人の移民は1896年にシアトル、翌年にサンフランシスコ航路が開設したことに始まる。そしてアメリカ川柳は1910年(12年説もある)にワシントン州ヤキマに誕生した蛙鳴(あめい)会が先駆けで、その後1929年に誕生した北米川柳互選会(開祖 本田華芳)が最初の牽引役となり、日系移民史に特異な足跡を残しつつ記念すべき百年を経過した。日系移民者にとって川柳は文芸を超えた「生活の記録、感情の詩」(清水基蜩)であった。

太平洋戦争における強制収容所生活は日系移民者にとって過酷ではあったが、川柳熟成の時期でもあった。戦後一気に川柳は全土に開花し、1960年前後には川柳吟社は 16社、川柳人口は500人超になった。この最盛期に特筆すべきは橋本京詩らの萬発端(マンハッタン)川柳吟社が1962年に主催した「世界(インターナショナル)川柳誌上大会」である。

戦後の川柳を主導してきた川柳つばめ吟社は2002年に解散し62年の歴史に終止符を打った。そして、長く川柳界を指導して来た山中桂甫、花見留雄は相次いで亡くなった。

 

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.