ようこそ川柳人協会へ
 

平成28年度

平成27年度
川柳文化祭誌上句会(平成24年11月)



『ナイフ』
成田 孤舟選
ウエディングケーキへナイフ演技過多
(客)西潟賢一郎
無差別のナイフの先にある孤独
(客)広田 悦子
アリバイはペーパーナイフ知っている
(客)三宅 保州
少年のナイフに宿る好奇心
(客)大河原信昭
出会い系サイトが隠し持つナイフ
(客)小泉 正巳
空港でペーパーナイフ拉致される
(人)弘 二三夫
青春をジャックナイフが語り出す
(地)亀井  哲
記念日のナイフ幸せ切り分ける
(天)府金 節子

『虹』
森中 恵美子選
人妻を掴みそこねた虹がある
(客)小畑 定弘
晩酌のたった二合で虹を描く
(客)茨木 昭夫
不退転の男へ濃ゆい虹が出る
(客)間瀬田紋章
少年も虹もだんだん老いてくる
(客)中島 かよ
生き下手でいつも一色足りぬ虹
(客)佐藤美枝子
百歳の葬大空に虹が出る
(人)新澤 きよ
虹が立つビートルズなど口ずさむ
(地)平井 翔子
八起き目もやっぱりおとこ虹を追う
(天)原  光生

『塗る』
篠崎 紀子選
言い訳で恥の上塗りする愚か
(客)中西 隆雄
印籠を塗り替えたがる三代目
(客)三宅 保州
絵の具百態恋をする胸の内
(客)大野 征子
控え目のネールアートに個性みせ
(客)堀江 加代
動かせぬ証拠ミクロの塗膜片
(客)齊藤 升八
文字墨でつぶした昭和史の汚点
(人)西潟賢一郎
朱も赤も塗っても足りぬ被爆地図
(地)平井 翔子
翼にも金粉を塗る絶頂期
(天)織田 順子

『眠る』
秋山 茂子選
人の目が無いと良心すぐ眠る
(客)除田 六朗
母の胸いくさを知らぬ子が眠り
(客)菊池 可津
晩成の期待さなぎが目覚めない
(客)齊藤由紀子
不条理と知りつつ眠る平和主義
(客)山下 和一
悠久の眠りに浸る兵馬傭
(客)大戸 和興
墨跡に眠る歴史の息遣い
(人)柴垣  一
基地の町安眠できる日が待たれ
(地)小金沢綏子
玄室で古代の夢を見続ける
(天)丸山 不染

『伸びる』
二宮 茂男選
来るという人を待ってる長い影
(客)小畑 定弘
パソコンを横目にスマホ競り上がり
(客)三浦  憩
墓石の影伸びるまで語りかけ
(客)平蔵  柊
伸び切ったゴム輪で余生括られる
(客)篠田 東星
出る杭になって打たれてまた伸びる
(客)平井 義雄
心配の種も伸びてる子の育ち
(人)小金沢綏子
芋の茎伸びて戦後はまだ続く
(地)平井 翔子
貯えに相談もなく余命伸び
(天)南川 哲夫

『波紋』
野中 いち子選
ギリシャ発聖火とそして通貨危機
(客)河合 成近
ワイドショージャムとバターが売り切れる
(客)上村 賢治
原発のデモを広げるツイッター
(客)新井 良夫
瓦礫ゆらゆら海の向こうへ手を伸ばす
(客)小倉 利江
台風の目の中にいる宇宙人
(客)米川あいこ
美しい波紋残して嫁に行く
(地)西潟賢一郎
一滴のつぶやき地球儀を包む
(天)渡辺  梢

『火』
田中 寿々夢選
遮断機を下ろし静かに発火する
(客)加藤 睦子
開封をすると火種が弾けでる
(客)鈴木 安弘
少年の仕掛け花火に油断する
(客)平井 翔子
ありったけ画布に残り火ぶっつける
(客)上田 健太
埋み火のまま情念を灰にする
(客)上村  脩
火の熱さ感じぬ草食系男子
(人)間瀬田紋章
病院の窓から音の無い花火
(地)若月  葉
神様の死角でマッチすっている
(天)楠根はるえ

 

 

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.