ようこそ川柳人協会へ
 

平成28年度

平成27年度
川柳文化祭誌上大会(平成25年11月)



『吹く』
平井 翔子選
修験者の法螺に真の音がする
(客)權守いくを
追い風が冒険しろとけしかける
(客)荻原美和子
青春のラッパはどこまでも響く
(客)松山 芳生
信念がじっと耐えてる向かい風
(客)宮内みの里
残り火に息吹きかけたのがあなた
(客)河原野折杭
結論が出ないやかんが笛を吹く
(人)上村 健司
いい風が来たぞ勝負の帆を上げろ
(地)井上京一郎
団欒を食べるふうふう吹きながら
(天)小倉 利江

『ペン』
雫石 隆子選
ペンという友へ孤独を恐れない
(客)安藤 紀楽
ペンだこに昭和の歴史秘めている
(客)久郷せつ子
本命がたじろいでいるペンネーム
(客)佐藤 紀子
銃よりもペンの威力を子に教え
(客)竹田 光柳
すぐ吼えるペンで貧乏ばかりする
(客)齋藤由紀子
ペン胼胝を食べてしまったIT化
(人)長野健八郎
月明かりペンを詩人にしてくれる
(地)伊藤 我流
一本のペンの先から夜が明ける
(天)加藤ゆみ子

『星』
岩田 明美選
星に愚痴吐いて夜勤の重い足
(客)上村 健司
銀幕のスターに後光射した日々
(客)懽守いくを
星空を見上げて優しくなる拳
(客)佐藤  明
流れ星ウツをはぎとる一行詩
(客)布施 ちえ
苦労した過去の涙は星になり
(客)新澤 きよ
ミシュランの星には負けぬにぎり飯
(人)齋藤由紀子
満天の星に心を持ってかれ
(地)田島 世四
目から星飛んだ親父のあの拳固
(天)河原野折杭

『廻る』
上村 脩選
賛成に廻ると鳩が取り囲む
(客)佐藤  明
輪廻転生人間戯画を描き続け
(客)小倉 利江
甘い水追い軸足がよくまわる
(客)大野 征子
地球儀がクルクル戦火途切れない
(客)瀧  正治
人間を振り落としたい地動説
(客)二宮 茂男
よく回る舌が人格削り取る
(人)竹田 光柳
光陰の早さに焦る余命表
(地)木崎 栄昇
秒針が刻む歴史の裏おもて
(天)西潟賢一郎

『耳』
廣島 英一選
言い訳の嘘に耳鳴りエコーする
(客)荻原美和子
独裁の耳がバンザイだけ拾う
(客)齋藤由紀子
折れた子へ心の耳を傾ける
(客)大野 征子
掃除機の音におびえる雑魚に耳
(客)原  光生
耳朶が嘘をつけないリトマス紙
(客)川名 信政
ライバルの刺激を耳に飼っている
(人)潮田 春雄
気骨ある反論耳を正座させ
(地)小倉 利江
花道の耳喝采に酔っている
(天)西潟賢一郎

『無理』
岡部 美雄選
嫁の来ぬ農家を継いでとは言えぬ
(客)阿部 文彦
NとSそっぽを向いて出る家裁
(客)井上京一郎
死ぬ時も一緒ですよと妻が言う
(客)黒木せつよ
家計簿が首を振らない三人目
(客)宮内みの里
こんにゃくに骨が欲しいと串に恋
(客)篠崎 紀子
妻を消すにはマジシャンも首を振る
(人)西潟賢一郎
せっかちを諭されている自動ドア
(地)北山 蕗子
往復の切符下さいエンマ様 (天)大野 征子

『目立つ』
小金沢 綏子選
日本の誇り秀峰富士の山
(客)宮澤 古登
花嫁へやるシャンパンは音で抜き
(客)西潟賢一郎
花びらの裏も表も高齢化
(客)伊藤 我流
為政者の奢り失言目に余り
(客)秋山 茂子
赤いバラ改憲論へ向いて咲く
(客)山田こいし
出る杭は打たれ上手で伸びていく
(人)和田  稔
振り袖の魅力に人が寄ってくる
(地)田中寿々夢
ベテランを総嘗めにしたノーマーク
(天)堀江 加代

 

 

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.