ようこそ川柳人協会へ
 

平成28年度

平成27年度
川柳文化祭誌上句会(平成27年11月)


『レトロ』
西潟 賢一郎
イクメンも草食系も載らぬ辞書
(客)三上 武彦
LPを懐かしく聴く針の音
(客)三浦 武也
懐古趣味虚しさだけを語らせる
(客)大野 征子
クラシックカー杖ついて走ってる
(客)河合 成近
創業の苦労尺貫法で説き
(客)南川 哲夫
木造の校舎に泣き虫のわたし
(人)平井 翔子
チャブ台の疵昭和史を語り継ぐ
(地)廣島 英一
銭湯で昭和の残り香を浴びる
(天)原  光生

『ローン』
岩田 明子
ローンあるから雨の日も風の日も
(客)岩堀 洋子
幸せがローンだらけで築かれる
(客)角屋 教子
利子なしのローン地獄が待っている
(客)佐藤 孔亮
二世代ローンに倅首を振り
(客)洲戸行々子
返済の奨学金に蹴躓く
(客)荻原美和子
銀行が担保で俺を値踏みする
(人)大矢  敦
完済の自分の壁だ釘を打つ
(地)児玉 寿子
赤ちゃんにお国のローン配られる
(天)渡辺  梢

『若い』
金子 美知子
七十年兄の遺影が若すぎる
(客)河合 成近
少年の夢は宇宙を翔んでいる
(客)渡辺 祐司
愛の詩さらりと作るおばあちゃん
(客)湯本 良江
まだ固い蕾に銃は担がせぬ
(客)加藤ゆみ子
正論を真っすぐ投げる青い脳
(客)齋藤由紀子
炎天下球児のパワー底知れず
(人)茂木 弘伊
胃の中へどんぶり飯を流し込む
(地)國嶋  武
平和論語る白寿の声の張り
(天)上野さざ音

『あけすけ』
五十嵐 修
支持率が落ちるとメディアそっぽ向き
(客)竹田 光柳
女子会のトーク露骨を小出しする
(客)荻原美和子
爆買いとともに顰蹙買ってゆく
(客)洲戸行々子
かさぶたを剥がし合ってるクラス会
(客)井上京一郎
無遠慮なリポート視聴率を上げ
(客)堀江 加代
九条を出て九条に戻れない
(人)山口 早苗
年金が医療費になる長寿国
(地)増田 幸一
ばあちゃんのあけっぴろげは愛される
(天)橋倉久美子

『イベント』
小倉 利江
ゆるキャラのお尻イベント盛り上げる
(客)亀井  哲
師匠との絆深まる猿まわし
(客)吉富  廣
毎日がイベントだった通勤車
(客)吉富  廣
イベントへ出雲の神も駆けてくる
(客)安達  満
婚活を梯子している回遊魚 
(客)福本 清美
イベントへ世界遺産が弾み付け
(人)渋川 渓舟
東北の祭り復興への狼煙
(地)潮田 春雄
星空のライブへ過疎が盛り上げる
(天)平蔵  柊

『占い』
福井 勲
いい予言易者が神様に見える
(.客)平野  香
晩年の運に八卦見夢持たす
(客)茂呂 美津
易の灯にすがる女のほつれ髪
(客)篠田 東星
小吉を良しとする子が頼もしい
(客)安藤 紀楽
お神籤の嘘も赦せる結願日
(客)木口 孝子
再婚へ一度は易の知恵も借り
(人)酒井 青二
おみくじへ神のジョークも紛れ込む
(地)上村  脩
筮竹が諭す一寸先は闇 (天)中島 通夫

『襟』
成田 孤舟
詰め襟のボタンはじける寮歌祭
(客)花厳 武之
左遷地の酒が胸襟開かせる
(客)廣島 英一
玉音を襟を正して聞き直す
(客)後藤 育弘
不祥事へチームこぞって襟ただす
(客)竹田 圭子
襟首をむんずと掴む天の声
(客)平井 翔子
襟正し十年ごとに詫びている
(人)三上 武彦
胸襟を開くおとこの計算機
(地)原  光生
襟首をマイナンバーに掴まれる
(天)南里 広志

             

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.