ようこそ川柳人協会へ
 

平成28年度

平成27年度
花久忌(平成27年2月)

 

『発展』
渋川 渓舟
繁栄が地下へと伸びるビルの街
(客)竹田 光柳
満天の星と未来図が伸びる
(客)不呼名
また一人孫が増えます春うらら
(客)渡辺  梢
血みどろの汗が栄華を掴み取る
(客)大野 征子
修羅越えるたびに男の貌になる
(客)時枝 利幸
過去を捨て炎の色で跳ぶ女
(人)新井千恵子
家系図の八の字になり編む絆
(地)齋藤由紀子
勝ち組が裾野広げる鳥瞰図
(天)堀井  勉

『生半可』
加藤 孤太郎
仮縫いのままで終わっていた錦
(客)時枝 利幸
言い足りぬまま遮断機が下りてくる
(客)新井千恵子
頼りにはならぬが声だけはでかい
(客)織田 和子
人よりも曲がった綣を飼っている
(客)織田 和子
煮え切らぬオトコに投げるチョコボール
(客)堀 今日助
ような気がすると言ってる意地っ張り
(人)権守いくを
地獄極楽どっちも行けず生きてます
(地)永井 静佳
生前葬したのも忘れ生きている
(天)織田 和子

『きっかけ』
増田 幸一
始まりは子のない同志ペット友
(客)砂子坂ウナム
生涯の絆卒論から築き
(客)竹田 光柳
日本を標的にした二億ドル
(客)宮内みの里
メガホンが個性を拾うエキストラ
(客)篠田 東星
再婚のきっかけつかむボランティア
(客)堀 今日助
ほんだなの断捨離させた電子図書
(人)小倉 利江
しゃれ一つ溶かした固い貝の口
(地)中島 一甫
きっかけは何だろうと妻が居る
(天)上原  稔

『内幕』 
潮田 春雄
外交の裏はどろどろ修羅の海
(客)廣島 英一
内部告発性善説の裏をつく
(客)中島 一甫
見たくない女の楽屋見てしまう
(客)亀井  哲
陰で糸引く僕だって眠れない
(客)織田 和子
歯を噛んで子の不始末へ土下座する
(客)願法みつる
見せかけを舞台に飾る大道具
(人)洲戸行々子
内幕は真綿にくるみ棚に上げ
(地)井上ぎんじ
空っぽの蔵を悔いてる蟻である
(天)渡辺  梢

『気取る』
小金沢 綏子
チョイワルになった積りの赤いシャツ
(客)大竹  洋
コラムから知ったかぶりが貌を出す
(客)潮田 春雄
マンガだねスター気取りのサングラス
(客)亀井  哲
大声で釣りはいいよとはした金
(客)岡田 秀夫
何気なく紳士気取りのロレックス
(客)上原  稔
丁寧語今日は内助の妻で居る
(人)齋藤由紀子
プライドの花が蠢く貴賓席
(地)宮内みの里
胡蝶蘭見栄と驕りの彩で咲き
(天)西潟賢一郎

          

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.