ようこそ川柳人協会へ
 

平成29年度

平成28年度

平成27年度
川柳忌(平成29年9月)



『口実』
上田 健太選
除けにした一線がもつれだし
(客)大竹  洋
米朝の口実地球儀を泣かせ
(客)小倉 利江
喉元に小骨が刺さるい世迷言
(客)廣島 英一
秋雨が続いて写楽笑わない
(客)前中 知栄
家系図へ喪章をつけるズル休み
(客)大竹  洋
前向きと言う偽善者の二枚舌
(人)西潟賢一郎
虐待を躾と同じ皿に乗せ
(地)和泉あかり
言い訳にする台風に逃げられる
(天)佐藤 孔亮

『頑固』
清水香代子選
偏屈のDNAが芽吹く月
(客)尾藤 一泉
独り居に頑固の種がよく育ち
(客)小田 春菜
王様がけっして裸を認めない
(客)永井 静佳
血の濃さを知る雑草とわたくしと
(客)真島久美子
床の間の化石論語の息を吐き
(客)大竹  洋
頭が全て蝶よ蜂よ甘いよ
(人)青田 三柳
妻の掌に乗せて頑固を弄ぶ
(地)上村  脩
頑固でもいい母性とは女とは
(天)真島久美子

『辣腕』
瀬戸 一石選
敏腕な刑事が裁く難事件
(客)井上 東風
兄弟の波乱鎮める母の腕
(客)上野さざ音
五輪背に都知事切り込む永田町
(客)小林 洋子
一徹を天職とする金庫番
(客)中島 和子
打つ手みな当たって運も味方する
(客)木崎 栄昇
大物に付く弁護士の稼ぎ
(人)中島 和子
辣腕が時流に乗って財を成し
(地)堀井  勉
カリスマへシャッター街が立ち直る
(天)上村  脩

『しびれる』
小田 春菜選
観劇の余韻で綴る日記帳
(客)内田 博柳
うっちゃりの腰が生きてた土俵際
(客)佐藤 孔亮
抑え役無死満塁を黙らせる
(客)佐藤 孔亮
核心を抉る啖呵が小気味良い
(客)上村  脩
曲に酔い童話の中に立ちつくす
(客)井上 東風
愛という一文字いつも憧れる
(人)木崎 栄昇
お言葉の陛下に被災者の随喜
(地)宮内みの里
花嫁に麻酔をかける金屏風
(天)西潟賢一郎

『やれやれ』
米島 暁子選
単身が終わり我が家の温い風
(客)大野 征子
肩の荷を初月給に降ろされる
(客)守屋不二夫
鈍感が最高長生きの秘訣
(客)中島 和子
どしゃ降りに飲み屋の椅子が空いてない
(客)廣島 英一
解凍のサンマで間に合わす目黒
(客)津田  暹
耐えて来た父の背骨の荷を下ろす
(人)駒木 香苑
綿帽子ぬぐと自分の顔になる
(地)西潟賢一郎
稲刈りが済むとカカシも横になる
(天)西潟賢一郎

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.