ようこそ川柳人協会へ
 

 

川 柳 人 協 会 会 員 の 作 品 か ら

川柳は課題を与えられて作品を作ることが多く、ことに句会や大会ではほとんどが課題を与えられて作句の机に向かうことになります。今回は課題を中心にした協会員の作品を紹介致しますので、そこから川柳の一つの側面を理解していただきたいと思います。作品は平成22年に行なわれた川柳人協会主催による句会・大会・誌上大会のものです。

各題からそれぞれ5句ずつを抽出致しますが、上位の作品ということではなく、課題吟の面白さを伝えると思われる作品を選んでみました。

川柳文化祭(平成22年11月7日 台東区生涯学習センター)

「蹴る」
田中八洲志選
黄金の足から億を叩き出す
秋山 茂子
一票の恩を忘れたマニフェスト
森崎 清三
裏側で蹴りあっている平和論
篠田 東星
玉の輿蹴って貴方の荷を担ぐ
亀井  哲
捨て扶持を蹴りサムライの顔になる
上村  脩

「子ども」
石川とく江選
少年が少年法に縛られる
いしがみ鉄
胎動に子ども手当てというリズム
安藤 波瑠
子には子の理屈があった反抗期
大野 征子
ランドセル疑問符ばかり追い掛ける
加賀谷三帆
アイドルのグッツで埋まる子のお城
堀江 加代

「 竿 」
篠田 東星選
燃え尽きるまで旗竿を振る正義
篠崎 紀子
旗竿に乗ると日の丸上機嫌
潮田 春雄
子沢山物干し竿も万国旗
國嶋  武
ペアルック物干し竿でそっぽ向き
和泉あかり
祝日の旗珍しい目で見られ
大川幸太郎

「辛抱」
阿部  勲選
座禅終え五欲がどっと沸いて出る
廣島 英一
平成のおしん不況を飼育する
小倉 利江
老いの樹の細さ弱さを飼い馴らす
小林 良恵
就活してますおしんやってます
平野さちを
初心者の指導忍耐強くなる
小山しげ幸

「澄む」
米島 暁子選
ライバルの澄んだ瞳に救われる
藤 あかね
友禅へ水の流れが透きとおる
田中八洲志
飢餓の子の目が澄んでいる耐えている
佐藤 晴江
澄んだ水飲める幸せ噛みしめる
岩瀬 恵子
澄んだ目で写経の筆へ正座する
岩田 笑酔

「 税 」
堀井  勉選
納税の自負へ芋虫胸を張り
五十嵐淳隆
ありがとうごめんなさいと税が来る
永井 静佳
他国にはポンと税から援助金
小金沢綏子
税務署の言う見解に押し切られ
上田 健太
税金を払い一人前の自負
花道 歌子

「素朴」
竹本瓢太郎選
歳時記とスローライフで生きてゆく
太田ヒロ子
休耕地花の手入れをする少女
若月  葉
ひらがなで書く母の字があたたかい
木崎 栄昇
冬至の日は母やっぱりカボチャ煮る
近江あきら
里山に生きてブレない飯茶碗
荻原美和子

「 旅 」
北山 蕗子選
パノラマの地図が呼んでる旅ごころ
大戸 和興
望郷の念やみ難い北帰行
増田 幸一
ローカルの旅円空に出遭う秋
松岡恵美子
また来たい宿と日記をしめくくる
内田 博柳
果てしなき旅へ自画像老いてゆく
西潟賢一郎

Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.