ようこそ川柳人協会へ
 

 

川 柳 人 協 会 会 員 の 作 品 か ら

川柳は課題を与えられて作品を作ることが多く、ことに句会や大会ではほとんどが課題を与えられて作句の机に向かうことになります。今回は課題を中心にした協会員の作品を紹介致しますので、そこから川柳の一つの側面を理解していただきたいと思います。作品は平成22年に行なわれた川柳人協会主催による句会・大会・誌上大会のものです。

各題からそれぞれ5句ずつを抽出致しますが、上位の作品ということではなく、課題吟の面白さを伝えると思われる作品を選んでみました。

川柳文化祭誌上大会(平成22年11月7日発表)

 

「きっかけ」
中田たつお選
イベントが済んだら変える旗の色
播本 充子
孤独死の記事へ同居を考える
野口 節子
好きなこと見付けニートの足洗う
清水 潮華
恥かいた日から仕事の鬼となる
安藤 紀楽
ペンネーム別な私が走り出す
岡部 暖窓

「空想」
上村  脩選
定年の干潟で遊ぶ影法師
四分一周平
厖大な夢親だけは笑わない
平蔵  柊
理想論ばかり婚活弄ぶ
南川 桂子
身の丈を越え空想をでかく盛る
石川とく江
ヒーローになってるらしい子の寝言
久保田見乗

「決断」
齊藤由紀子選
懐の辞表男の馬鹿でいい
田中寿々夢
進退を決めて枕を高くする
橋本 一水
子育てが終わる女へリニューアル
岡部 美雄
真っ新な思考へ託す社の窮地
中西 隆雄
本腰へ帰化して馴染むプロの道
佐藤 晴江

「 声 」
てじま晩秋選
ソプラノを奏でる妻のスケジュール
渡辺  梢
舟歌が川面の風と戯れる
岩田 明美
ロボットになれと囁く天の声
竹田 光柳
街角の声が牛耳る民主主義
黒崎 和夫
列島が赤ちゃんの声聞きたがり
廣田 悦子

「誘う」
金子美知子選
ケータイのサイトが甘い蜜を出す
宮内みの里
甘い水裏を嗅いでる都市ボタル
瀧  正治
ケータイへ桃源郷の夢を盛る
田島 世四
風に揺れ赤提灯が差し招く
長谷川路水
サンプルが疑似餌のように並べられ
後藤 育弘

「 白 」
荻原美和子選
真っ白な産着へ虹を縫い合わす
清水香代子
白無垢を脱いだ時からわたし流
花井よう子
女です美白の文字に目が止まり
馬場 美昭
飯粒が目立つ老母の涎掛け
小西 章雄
何色に染める白地の勝負服
仲沢 ちね

「進む」
津田  暹選
ロボットに無駄な日はない進化論
長尾 美和
それなりに行進曲に乗るロマン
伊藤 我柳
また別な老人が行く流れ雲
山口安次郎
前進のファイトを拒む不況風
森  良子
老人を零して進むIT化
安藤 波瑠

 



Copyright (C) Senryujinkyoukai All Rights Reserved.